ポリエステルとは(polyester) ポリエステル織物とは


  • ポリエステルとは 元々エステル縮合でできた樹脂(プラスチック)の総称ですが、繊維や布生地 フィルムの業界では 次項のような定義と考えて ほぼ間違いありません。
    PET以外の種類の繊維や布生地はぼぼ存在してません。ポリ(poly)は沢山のとか大量の意味で 大量のエステルが重合しているの意味)
    .
  • 代表的な合成繊維の1つで ポリエチレン テレフタレートPET PolyEthyleneTerephtalate)と言う非常に劣化しにくい強い樹脂を 糸にしたものをポリエステル繊維と言い、それで織った織物をポリエステル織物と言います。
  • PETの化学式   (-COO-C6H6-COO-CH2-CH2-)n
    (ポリは「沢山の」意味 「CH3-CH3」がエチレン 「COOH-C6H6-COOH」がテレフタル酸なので ポリエチレン テレフタレートと呼ばれます)
    .
  • PET樹脂自体の物性や化学式の詳細は 左をクリックで調べられます。
  • 他の繊維との相性がいいので、よく短繊維はコットン(綿)やウール(毛)など他の繊維と 混紡されます。

弊店の取り扱い織物は ほとんどポリエステル100%です。下記がその代表的なポリエステル製織物の例です。

しわになりにくいサテン・クレープ

しわになりにくいサテン・クレープ

サテン・クレープ:MB8410

手触りの良いシルデュー・デシン

手触りの良いシルデュー・デシン

シルデュー・デシン:MB2000

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

50Dシフォン・ジョーゼット:MS7400

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

75Dシフォン・ジョーゼット:MS7100

下記が東レ(株)のテトロン(ポリエステルの代名詞的な商標)の一つ、シルデューと言うブランド名の糸を用いた織物(シルデューデシン 上表でも紹介してます)を 紹介した動画です。


  • 最もリサイクルしやすい織物で、燃やしても有害なダイオキシンはほとんど出ません。またドライクリーニングの必要がないので環境に優しい織物です。
  • PET(ペット)ボトルなども使われていて ペット・ボトルの樹脂は分子鎖が長いので 熱で溶かしてポリエステル繊維に再生できます。
  • ですが、ポリエステル繊維はペットボトルの樹脂に比べて、分子鎖が短いので 溶かしただけでは 良い樹脂になりません(粉砕したり 溶かしたりする時に さらに分子鎖が短くなるため)。ですので 一度化学的に分解して 再度合成(重合)して繊維にしてます。
    .
  • 染料は分散染料を 用いますが(昔は綺麗な色に なかなかうまく染まらなかったそうです)、この染料は他の樹脂に色移りしやすく(移行昇華と言います) 他の樹脂とのコーティング(塗布)ラミネート(貼り合せ)で使用する場合は 注意が必要です。
  • ポリエステルでも カチオン染料で染めることができるようにした「カチオン可染」のポリエステルの糸もあります。詳しくは次をクリックで カチオン可染とは
    .
  • また 東レ(株)テイジン(株)(旧帝人)のポリエステル糸やフィルムには「テトロン」と言う商標が付けらています。他社の糸等にこの商標を用いることは 商標権の侵害にあたります。
  • 傘などの生地にも使われますが、ナイロンと比べて粘性が低いので 折りたたみの傘などは 長期間たたんだままにしておきますと 折り目の線がついてしまいます。
    (ナイロンなどに比べて 結晶化度が高いためです)
    .
  • ナイロンアクリルと共に三大合繊と言われます。
  • 風合いを柔らかくする減量加工が 発明された事によって ポリエステル織物の使用範囲は大きく拡がりました。(それまでは、固いので 柔らかいレーヨンと1本交互に配列したりとか 苦労していたみたいです)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

ポリエステルとは(polyester) ポリエステル織物とは」への70件のフィードバック

  1. ピンバック: テトロンとは? | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 合繊とは(ごうせん) 合成繊維とは(ごうせいせんい) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: サテンとは?(satin) 朱子織とは? 繻子織とは?(しゅすおり) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: ツイル(twill)とは? (綾織とは?(あやおり) 斜文織とは?(しゃもん)) | 布生地Q&A

  5. ピンバック: 短繊維とは?(たんせんい) スパン糸とは ステープルとは | 布生地Q&A

  6. ピンバック: タフタとは?(taffeta) | 布生地Q&A

  7. ピンバック: シアサッカーとは?(seersucker) しじら織とは?(しじらおり) | 布生地Q&A

  8. ピンバック: UVカットの生地とは?(ユーブイ) 紫外線カット | 布生地Q&A

  9. ピンバック: ポリエステルの二色染めとは? カチオン可染とは? | 布生地Q&A

  10. ピンバック: 布生地の大分類 | 布生地Q&A

  11. ピンバック: シフォンとは? シフォン・ジョーゼットとは? シホン シホン・ジョーゼット | 布生地Q&A

  12. ピンバック: 合成繊維は地球に優しい? | 布生地Q&A

  13. ピンバック: 長繊維とは?(チョウセンイ) フィラメントとは | 布生地Q&A

  14. ピンバック: 縮緬とは? (チリメン ちりめん) | 布生地Q&A

  15. ピンバック: ミカド・サテンとは? | 布生地Q&A

  16. ピンバック: 化繊とは? (カセン) 化学繊維とは(カガクセンイ) | 布生地Q&A

  17. ピンバック: オーガンジーとは? | 布生地Q&A

  18. ピンバック: 下着は綿(コットン)が一番でない場合もあります | 布生地Q&A

  19. ピンバック: ヒートテックの詳しい原理 吸着発熱とは (吸湿発熱) | 布生地Q&A

  20. ピンバック: ポンジーとは? ポンジとは (Pongee) | 布生地Q&A

  21. ピンバック: きばたとは? 生機 キバタ | 布生地Q&A

  22. ピンバック: 仮撚糸とは? (カリヨリシ) ウーリー加工とは DTYとは | 布生地Q&A

  23. ピンバック: ワッシャー加工とは | 布生地Q&A

  24. ピンバック: トロピカルとは? (tropical) | 布生地Q&A

  25. ピンバック: ポリウレタン高混率製品の色移りについて | 布生地Q&A

  26. ピンバック: オパール加工とは? おぱうるかこう | 布生地Q&A

  27. ピンバック: 捲縮 (ケンシュク、crimp) | 布生地Q&A

  28. ピンバック: 減量加工 (ゲンリョウカコウ) アルカリ減量加工 | 布生地Q&A

  29. ピンバック: ナイロンとは? ナイロン織物とは? | 布生地Q&A

  30. ピンバック: 布生地の素材の見分け方 | 布生地Q&A

  31. ピンバック: 織組織とは? 織物組織とは? 三原織組織とは(サンゲン オリソシキ) | 布生地Q&A

  32. ピンバック: パレス・クレープとは パレスとは (palace crepe) | 布生地Q&A

  33. ピンバック: シルックとは  | 布生地Q&A

  34. ピンバック: ポリノジックとは(polynosic) | 布生地Q&A

  35. ピンバック: 整経とは(セイケイ) 荒巻整経(アラマキセイケイ) 部分整経(ブブンセイケイ) | 布生地Q&A

  36. ピンバック: エステル縮合とは(ester condensation) | 布生地Q&A

  37. ピンバック: 加工糸織物とは(textured cloth カコウシオリモノ) | 布生地Q&A

  38. ピンバック: 撚糸とは(ネンシ) ボイル撚(ヨリ) クレープ撚(crepe twist) トラム撚(trame twist) 甘撚 中撚 強撚 合撚(ゴウネン) | 布生地Q&A

  39. ピンバック: ヤング率とは(Youngs modulus) 弾性率(ダンセイリツ) | 布生地Q&A

  40. ピンバック: パーマネント・プレス加工(permanent press) 耐久加工(durable press) パーマネント・プリーツ | 布生地Q&A

  41. ピンバック: シック アンド シンとは (T&T thick and thin) | 布生地Q&A

  42. ピンバック: シック アンド シン強調加工とは(T&T強調加工) | 布生地Q&A

  43. ピンバック: アセテートとは(acetate) トリアセテート(トリアセ tri-acetate) ジアセテート(ジアセ di-acetate) ダイアセテート | 布生地Q&A

  44. ピンバック: チンツ加工とは(chintz finish) | 布生地Q&A

  45. ピンバック: 水通しとは(ミズトオシ) 地直し(ジナオシ) 地伸し(ジノシ) | 布生地Q&A

  46. ピンバック: スエードクロスとは(suede cloth) | 布生地Q&A

  47. ピンバック: 転写捺染とは(テンシャナセン transfer style print) 転写 転写プリント | 布生地Q&A

  48. ピンバック: 移行昇華とは | 布生地Q&A

  49. ピンバック: バーバリーとは (Burberry) | 布生地Q&A

  50. ピンバック: ギャバジンとは(gaberdine) ギャバ | 布生地Q&A

  51. ピンバック: 寒冷紗とは (カンレイシャ Victoria lawn) | 布生地Q&A

  52. ピンバック: ローンとは (lawn) | 布生地Q&A

  53. ピンバック: キュプラとは(cupra) 銅アンモニア・レーヨン | 布生地Q&A

  54. ピンバック: ベネシャンとは (venetian) ベネ | 布生地Q&A

  55. 大坂 公二

    ポリエステル繊維はアンモニア水に耐えるテトロンもあれば、アンモニア水に耐えられないものもあります。どのように見分けると良いのでしょうか?
    単なるポリエステル繊維は耐えられない。テトロンなどの高級ポリエステル繊維であれば耐える、のような考えで良いのでしょうか?

    返信
    1. 生地屋のおやじ

      大坂 公二 さま

      ご質問 どうもありがとうございます。アンモニア水は 通常強いアルカリ性ですので ポリエステルは溶ける筈です。
      http://www.kijiya.me/?p=1210

      テトロンでも 溶けます。テトロンは 東レ(株)とテイジン(株)の商標で、化学的・物理的性質自体は 通常のポリエステルと同じです。
      http://www.kijiya.me/?p=4

      溶けないポリエステルが あるとすれば、表面にアンモニア水の進入を防ぐ膜みたいな物で覆ってあるか(繊維では 勉強不足で私はまだ見た事がありません)、アンモニア水の濃度が 薄くて、溶けるスピードが非常に遅い事が 考えられます。

      返信
  56. ピンバック: スパンボントとは (spun-bounded fabric) メルトブロー(melt-blown) | 布生地Q&A

  57. ピンバック: 紡糸とは(ボウシ spinning) 溶融紡糸 湿式紡糸 乾式紡糸 | 布生地Q&A

  58. ピンバック: 熱可塑性とは (ネツカソセイ thermoplasticity) 熱硬化性とは (ネツコウカセイ thermosetting) | 布生地Q&A

  59. ピンバック: 反毛とは(ハンモウ Shoddy) 再製毛(サイセイモウ) | 布生地Q&A

  60. ピンバック: ミシン糸の番手とは カタン番手 | 布生地Q&A

  61. ピンバック: ミシン糸の番手とは カタン番手 | 布生地Q&A

  62. ピンバック: テトロンとは? tetoronとは? | 布生地Q&A

  63. ピンバック: 皺加工とは (シワ加工 crease finish) | 布生地Q&A

  64. ピンバック: 水通しとは(ミズトオシ) 地直し(ジナオシ) 地伸し(ジノシ) 地づめ(ジヅメ) | 布生地Q&A

  65. ピンバック: トロピカルとは? (tropical) | 布生地Q&A

  66. ピンバック: ポリプロビレン繊維とは (polypropylene) | 布生地Q&A

  67. ピンバック: 防水加工の生地は染色できますか? | 布生地Q&A

  68. ピンバック: 金糸とは 銀糸とは | 布生地Q&A

  69. ピンバック: 家庭での染色は止められた方がいいです | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です