ワッシャー加工とは


コインランドリーの洗濯機を大きくしたような機械で、その中で布生地をグルグル回してモミ効果を与え、ジョーゼットデシン等のシボを高く上品にすることの出来る加工機です。

北陸でも量産規模でもっている染工場は少なく(私が知っているだけで3社程度) 中国でもほとんど導入されていません(ワッシャー加工しかできないので 投資効率が悪い)。人手がかかり、高温の生地を取り扱うために 大変危険で生産性も悪いです。

また 単にこの機械を導入しても、機械の条件設定等 技術やノウハウもいるため簡単に同じものを作るのが むずかしいと言われています。

他社がこの機械を廃棄していっても、シボを重視する染工場さんだけが温存している。当社の生地はほとんどの種類がこの加工機で加工されているので、シボが高く上品な織物に仕上がっています。

ポリエステル等は この加工をしても シワ等はとれますが、ナイロン等は取れないので、この加工をしたナイロン布生地は 洗濯をして天日干しをしたような細かい薄いシワが残ってます。自然な感じがするので このような布生地を好むデザイナーさんも いらっしゃいます。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です