パレス・クレープとは パレスとは (palace crepe)


パレス・クレープとは 経糸無撚糸で緯糸に2,000~2,500T/mの撚糸(通常SZ撚(左撚り右撚り)2本交互)を打ち込んだ 平織りシボの少ない織物です。デシンに似ていますが、デシンより緯糸の撚回数が少ない(パレス撚とも呼ばれます)ので シボがあまり目立ちません。

単にパレスとも呼ばれ、重めの羽二重に似た柔らかい外観と手触りです。ドレスやシャツ ブラウス等に使われます。

ドピー織機を用いて、朱子織(サテン)綾織(ツイル)で 織り模様を表したものを 紋パレスと言います。

一時期 緯糸の撚糸にSZ撚(左撚り右撚り)2本交互でなく 片方の撚りの撚糸を打ち込み 撚回数も1,000~1,500T/mに落として コスト・ダウンした「単丁パレス」(略して単パレ これに対してSZ撚2本交互のものは「本パレス」とも呼ばれた)が 大量に作られて輸出されました。

ポンジータフタ、単パレとポリエステルの三大定番品(いつでも市場にある大量生産される商品)と 呼ばれましたが、あまりに手を抜いた粗悪品(撚回数をどんどん落としたり 糸密度を甘くしたり、正規のシボ立て工程を通さなかったり等)が出回りすぎたために そのうちに消えてしまいました。

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です