ナイロン・タフタとは?


ナイロンの糸で織った タフタの事です。(それぞれの 言葉の意味は、それぞれの単語をクリックすると 意味を参照できます) 平織りで薄く 平滑で適度な光沢があります。

雨カッパや ウィンドブレーカ 傘などの布生地になってます。

以前は 大量に作られてましたが、だんだんポリエステル・タフタに置き換えられていきました。ポリエステルの方が 価格が安い事と、ナイロンは他の揮発成分を吸着しやすく 淡色は黄変(黄色く変色)するためです。濃色は黄変しても わかりにくいだけです。

(ダンボール箱に入れておいて ダンボール紙の「リグニン」を吸着して黄変する事もあります。中~濃色はナイロン製 薄い淡色はポリエステル製と言う事もあるそうです)

ただ ポリエステルは分散染料で染めるのですが、それが コーティング剤(防水性能とか 機能を付加するために 表面に塗る薬剤)とか ラミネート・フィルムやラバー(やはり 機能を付加するために 張り合わせるもの)に 色移り(移行昇華)するために、酸性染料などで染めたナイロン・タフタが用いられる事が多いです。

(近年は 分散染料を色移りさせない技術も かなり進んできて、ポリエステル製に置き換えられている部分もあるようです)

傘用途は、折畳式の傘など 長期間折り畳んでおくものは、ポリエステル製の布だと 折り目がついてしまうので、折目のつきにくい ナイロン製が多く使われています。(ナイロンの方が 結晶性が低く 柔らかいためです)

また ポリエステルよりは柔らかいので 耐衝撃性が高く、簡単に引き裂けては困る用途に 使われる事もあります。

生地屋では ナイロン・タフタの取扱はございません、大変申しわけございません。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

3 thoughts on “ナイロン・タフタとは?

  1. ピンバック: タフタとは? (taffeta) | 布生地Q&A

  2. 藤本 孝治

    ナイロンタフタ1185の1185は何を意味していますか?
    業者さんお材質欄にこの記載があり、最近客から基布剤が変わったとの感想があり調べています。
    宜しくお願いします。

    返信
    1. kijiya 投稿作成者

      藤本 孝治さま、ご質問 どうもありがとうございます。

      すみません、それだけでは わかりません。185なら タフタの一インチ当たりの糸密度を 経緯(タテヨコ)足したものかも 知れませんが、1185なので。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください