オーガンジーとは? (organdy)


  • 元々 シルク(絹)で精錬(練り)(お湯で煮て シルクの表面のセリシンを落として、フィイブロインだけにする工程。風合いがとっても柔らかくなり 絹鳴りがするようになる)を  しないで仕上げた織物の事を指していたのです。
    (セリシンが少し取れている状態。目が粗く透けていて 硬いです)
  • それが もうほとんど本物のオーガンジーは 見られなくなり、下記のようにポリエステルで作られた織物を オーガンジーと言うようになりました。
    (余談ですが、精錬してない絹糸は 釣り糸のテグスのように硬いです。弊店のオーガンジーもテグスのような糸で作られてます)
生地屋のオーガンジー

生地屋のオーガンジー

20/40オーガンジー:MR2040

  • 絹のオーガンジーに似ていて 透けていて硬いです。シワにもなりやすく、折ると折り目がつきます。
  • ウエディング・ドレスや パーティ・ドレス、衣裳などに 飾りなどでよく使われます。
  • 透けていて シワになりにくく柔らかい素材が 必要な場合は、透け感は落ちますが、下記がお奨めです。
繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

50Dシフォン・ジョーゼット:MS7400

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

オーガンジーとは? (organdy)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: セリシンとは? フィブロインとは? | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 生糸とは? (キイト ナマイト) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: トロピカルとは? (tropical) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: 先練織物とは(サキネリオリモノ degummed silk fabric) 練絹織物(ネリギヌオリモノ) 練織物(ネリオリモノ) | 布生地Q&A

  5. ピンバック: 生絹織物とは(キギヌオリモノ) 後練織物(アトネリオリモノ) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です