布生地の大分類


大きく 3つに分けられます。

  1. 織物(経糸(タテイト)と緯糸(ヨコイト)を 交絡させたもの)
  2. ニット編物
  3. 不織布(使い捨てのお手拭やおしめなどに 使われている)

1.織物の例として サテンとか ジョーゼットなどがあります。ドレスや衣装 シャツ スーツなどに使われている生地の多くは 織物です。寸法安定性に優れてます。

2.ニットには 経編 緯編丸編は緯編の一種ですが、一番生産量が多いです)などがあり、体操服や水着 Tシャツなどに用いられます。セーターなども 編物です。嵩高(厚みがある)で伸び縮みする素材が多いです。

3.不織布は 織ってない布と言う意味で、繊維を和紙のように 絡ませて作ったり、洋紙(通常の紙)のように 接着剤や糊で固めたりして作ります。安価なものは 絡ませて作っています。

安価に大量にできますが、異物が入りにくい製造工程なので 精密フィルターや研磨布などの高機能用途(こちらの用途用は非常に高価です)にも使われます。

生地屋は 合繊織物専門です。ニットは不織布の取り扱いはございません。同様に綿(コットン)や毛(ウール)の取り扱いもございません。

また合繊(合成繊維)でも ほとんどポリエステル100%の取り扱いですので、ナイロンやアクリル等の取り扱いもございません。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

布生地の大分類」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ベロアとは? velour | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 織機 (ショッキ) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: 芯地とは(シンジ interlining cloth) 接着芯地(セッチャクシンジ fusible interfacing) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です