形状記憶の布(生地)とは メモリ織物


形状記憶の布(生地)とは、変形させた形が そのまま残る布生地の事を言います。メモリ織物とも呼ばれてます。
(形状記憶合金とは ちょっと違います。形状記憶合金は 常温で変形させても、お湯などをかけて熱すれば 元の形に戻ります。また ワイシャツなどの形態安定とも ちょっと違うと思います) 2種類あって、

  1. 先染めの無撚糸(撚のかかってない)の糸を 経緯(タテヨコ)とも 高密度に織り上げ、ひずみを取る程度の整理しかしない布生地。(染加工して 高温にさらすと、通常の布になってしまう)
    .
  2. 緯糸(ヨコイト)等に 数本に一本くらい ステンレス(金属)の糸を入れた布生地。

1.は かなり使われているようで、「メモリ織物」等でインターネット検索すると 沢山でてきます。
2.は やや特殊用途になり、変形させた形を保つ力は強いのですが、金属が入っているためか 1.ほどは広く使われてないようです。

1.も2.も 特殊な布生地になり 一般にはあまり売られてないようです。弊生地屋の取り扱いもありません。

(余談ですが、形状記憶合金は 高級なブラジャーのカップのワイヤーに使われているそうです。通常の金属を使うと 洗濯などで変形して 都合が悪いですが、体温で元の形にもどるので いいのだそうです。

形状記憶合金って 20年くらい前に非常に注目されたのですが、形状を記憶させるコストが どうしても安くならずに 結局当初言われたほどには広く普及しませんでした。プラスチックでも 形状記憶プラスチックなんてのも 作られたのですが・・・)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

形状記憶の布(生地)とは メモリ織物」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 形態安定の衣料品 SSP加工 VP加工 | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 形態安定の衣料品 SSP加工 VP加工 | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です