ポリウレタン高混率製品の色移りについて


わたしが実際に2度体験した事です。きちんとした メーカー品を買ったのに 白い下着に色移りしました。

スポーツウェアなどに よくポリウレタン(商品名ライクラ Lycra (東レやデュポン等)とか言います。他のメーカーのだったら 例えば旭化成なら ロイカとか)が、15~25%と 高混率で使われたものが あります。体にピッタリ フィットする 伸び縮みの大きなタイツなどです。

ポリウレタンは 染料をよく吸い込みます。そうして 出すのも速いのですが、時間がかかって 少しずつ出てくる場合もあります。

ですので お店や倉庫などで 長期間、在庫されてたものは 染料が出てきている可能性が 高いのです。(染め上げ時に しっかり洗われて(ソーピングと言います)いてもです)

新品のサイクリング・パンツをはいて 2時間以上汗をかきながら サイクリングしたら、白いシャツに色移りしてました(パンツの色落ちはしてません)。ですので 新品の色の濃い高ポリウレタン混率の製品を買ったら、

  1. 短時間(30分以下程度?)の使用で 洗濯してしまうか、使う前に一度洗濯する。この時 色移りしてはまずいものとは 一緒に洗わない。(綿や麻 ウールなどの天然繊維や ベンベルグなどの再生繊維は色移りしやすいです。ポリエステル等の合成繊維は 色移りしにくいです)
    .
  2. 混率が5%以下程度なら あまり影響が少ないので、そのまま着用しても ほとんど大丈夫です。
    .
  3. アイボリーなどの淡色なら 吸着している染料も少なく、万が一 色移りしても 影響が少ないので そんなに神経質になる必要は ありません。(濃色ほど 染料は沢山吸着してます)

他の国産の繊維製品(ポリウレタン高混率でないもの)や 国内のメーカーが海外で作ったものは ほとんど色移りしないので、色移りしないのが 当たり前だと 思われている方も多いと 思います(わたしも そうです!)。

ですが、海外メーカーが発展途上国で作ったのもや、先進国でもイタリアのファッション性を優先して 色の綺麗なもの(染堅牢度を犠牲にしたもの)は、高価でも色移りする場合があります。

ご自身で洗濯される場合や クリーニングに出す場合(他のクリーニング品に色移りして 大問題になるケースがあるそうです。ご本人に直接損害賠償が行くケースは 少ないと思われますが、時間と労力が取られます)は ご注意くださいませ。

関連:色落ち

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

ポリウレタン高混率製品の色移りについて」への4件のフィードバック

  1. 生地屋のおやじ

    過去に損害賠償になったケースを 聞いたことがありますが、当然洋服製造メーカーが責任を問われました。結構な金額になったのでそうでうす。

    未確認情報ですが、最近のクリーニングは そのお客様ごとに 1つの洗濯槽に入れるそうです。ですので 他人のものにまで 損害が行くことは少ないと思われますが、用心にこしたことはありませんし、一緒に出したものが 全部やられてしまう可能性はあります。

    返信
  2. ピンバック: ポリウレタンとは (polyurethane, spandex) ライクラ(Lycra) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: 色落ち | 布生地Q&A

  4. ピンバック: ポリウレタンとは (polyurethane, spandex) ライクラ(Lycra) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です