シック アンド シンとは (T&T thick and thin)


シック アンド シンとは(thick and thin)、合成繊維フィラメント糸(長繊維)で 太い部分(thick)と細い部分(thin)のある変わり糸の事です。

ですが、ポリエステル・フィラメントの糸で 若干太い(thick 低結晶化率)ところと若干細い(thin 高結晶化率)をランダムに作った糸も指します。結晶化率にムラがあり 結晶化率の高いところは染料に染まりにくく 低いところは濃く染まります。

(染色でT&T強調加工をすると カスリのように染まる為でしょうか?(強調加工をしないと 通常のポリエステル糸のように一様に染まります) 目視では糸の太細は あまりわかりません)

低結晶部分があるので、糸は減量加工しなくても 比較的柔らかい傾向です。

下記が弊店取り扱いの「シック アンド シン」織物です。全部 結晶化率にムラのある糸の方です。クリックで詳細をご覧になれます。

コットンのような手触り T&Tシフォン・ジョーゼット

コットンのような手触り T&Tシフォン・ジョーゼット

T&Tシフォン・ジョーゼット:MS7802

コットンのような手触り T&Tメッシュ

コットンのような手触り T&Tメッシュ

T&Tメッシュ:MS5020

天日干し風 T&Tチンツ・ジョーゼット

天日干し風 T&Tチンツ・ジョーゼット

T&Tチンツ・ジョーゼット:MM1935-2

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

シック アンド シンとは (T&T thick and thin)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: シック アンド シン強調加工とは(T&T強調加工) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です