カテゴリー別アーカイブ: 素材

匁とは(モンメ)


とは(モンメ)、東南アジアで古くから使われている重さの単位(尺貫法)で 日本では

1匁 = 3.75g

となります(東南アジア各国で 匁の換算量は違うようです)。現在では 真珠の質量の計量のみに 使用が許可されてますが(それ以外は法律で禁止。罰則もあるようです)、布生地のシルク(絹)や タオル等では、今でも使われております。(黙認のようです。例えは良くないですが、車の速度制限みたいなものですね)

シルクでは93cm四角の布生地の重さを 表わし、

28匁のシルク・サテン

と言うと 93cm四角(93cm x 93cm)当たり約105g(3.75gx28)の重さの シルク・サテンを指します。匁の数字が 大きいほど目の詰まった 高級生地になります。

タオルでは 1ダース(12枚)当たりの重さで 表わし、

200匁のタオル

と言うと 12枚当たり750g(3.75gx200  一枚当たり62.5g)の重さのタオルとなります。重いほど 吸水量の多い高級タオルと されます。

(中国でも 始皇帝が 度量衡を統一するまで、同じ単位の名称で 地方によって違う重さや長さになってました。日本では、戦国時代を経て 天下を統一した豊臣秀吉が 統一したと言われてます。

中国は 秦の始皇帝が統一しなければ、漢民族と言う世界人口の1/5も占める 単一民族(と言われている)は できなかったと思います。中国では 北と南では、体格や背の高さが全然違います。同じ民族とは とても思えません。方言も全然違い、東北弁どころか 沖縄弁ほど顕著に違うので、同じ漢民族同士でも 通訳が必要なほどです)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

ピマ綿(ピマメン pima cotton) ピマ・コットン


ピマ綿ピマメン pima cotton)とは、アメリカの一般的な広い地域で栽培される アブランド綿に対して、元々は山岳などの高地で 栽培されていた綿花の事です。

ペルー・ピマ アメリカ・ピマなどの名称が あります。20世紀初頭に アリゾナのアメリカ・インディアンのピマ族によって作られていたので、この名称になりました。

長くて細い超長綿で、ソフトでしなやかな風合いと 美しい光沢を持ちます。

アメリカでは ピマ綿の栽培業者が スーピマ協会(The Supima Association of America)と称する団体を作り、アブランド綿との差別化政策を進めていて、この協会のピマ綿を スービマ綿(Supima cotton 100%ピマ綿を使っているそうです)と言います。

(ただ 綿(コットン)生地の場合 お値段と耐久性は比例しない事が多いです。薄くて高級そうな綿生地は 着心地等もとってもいいのですが、摩擦等に弱い場合が多いです。よく着ていると 数年でダメになる事が多いです。洗濯が一番布生地を傷めるのですが、洗わないわけにはいきませんし)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

花の布の素材を貴社で買いたいです


Q.私はアートフラワー(手染めの花)の工房をやりたいです。花の布の素材を貴社で買いたいです。
工房で花をを作るとき、よく使う布の素材を教えて頂けませんか? よろしくお願い致します。

A.下記の生地は いかがでしょうか? 良く花を作るのに使われております。

シワになりにくいサテン・クレープ

シワになりにくいサテン・クレープ

金属光沢の綺麗なシャンブレー・サテン

金属光沢の綺麗なシャンブレー・サテン

(シャンブレー・サテンのコサージュのご使用例 2と3枚目の写真です)

絹を超越した手触りのシルデュー・デシン

絹を超越した手触りのシルデュー・デシン

(シルデュー・デシンの貼り絵のご使用例

生地屋のオーガンジー

生地屋のオーガンジー

ただ ポリエステル製ですので、市販の染料では 濃い(深い)色は染まらないと思います。そう言う色は 弊店にある色から 選ばれたらどうでしょうか?(別注色も可能ですが、1反(46~50m程度)単位になり お花を作られるのには 現実的ではないと 思います)

また 染める時は、オフ(自然な白 染めてなくて糸の色そのもの)が 良いです。蛍光白だと 蛍光色の染料がついております。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

反買いで 反の端に何も書かないでください


Q.反買いで、反の端に何も書いてない 綺麗な布生地を送ってください。

A.染工場から送られてきた反物には、必ずその染工場の製造No.や長さ等が 書かれております。染工場によっては 手書きで書かれていたりします。これらは 反物に何か異常があった場合に 追跡したり、梱包で紙札(品番やカラーNo.、長さ等が書かれてます)をつけるときに 間違いなくつける為に 書かれています。

端から端まで 完全に綺麗な 布生地が欲しいお気持ちは 十分理解できますが、上記のような理由があるので その部分を切り取って出荷するわけには いかないのです。ご理解いただけませんでしょうか?
(例えば もし反の長さが足りない場合、染工場さんで書いた文字やNo.が消えていた場合、染工場は責任を認めません)

また 46.5mと反に長さが書かれていても、実際には46.6~50mあるのが通常です。(切捨てで長さは書かれてます) 反の端0.1mくらいの部分に 何か書かれていても、その部分の長さのお金は いただいておりません。

(織布工場(布生地を織る工場)で 書かれた、黄色い手書き文字が 残っている場合も、稀ですがございます。(これも 問題があった場合に織布工場が追跡したり、長さが足りない場合等の為に 書いています) 書かれている部分の長さを除外した長さが、紙札にかかれておりますので 御安心くださいませ)

最内層には、数センチおきに 横に筋(巻きシワ)が入っている場合が ございます。これらのアイロンで取れますシワは 欠点や異常とはされませんので、ご了解をお願いいたします。 cf. シワが入っていました

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

シワが入ってました


Q.巻いて送られてきた布に 一部シワがありました。注意していただければと 思います。

A.布生地を 毎回完全にシワなしで 巻いてお送りすることは大変困難です。(畳んで送った布には 勿論折りシワが入ってます) 布生地は10cm以上余分についておりますし、端のシワは ご容赦いただけませんでしょうか?

この件とは 直接関係ありませんが、反巻きの最内層1~2mには 数センチおきに、横に筋(巻きシワ)が 入っております。このシワも上記のシワも、アイロンを低~中温程度(合成繊維の場合)で かけていただければ、取れます。

布生地の業界内では、アイロン等で取れますシワは 欠点や異常とは されておりません。ご了承いただけませんでしょうか?(取れないシワは 勿論欠点です。御連絡いただければ、責任を持って交換か全額ご返金いたします)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

片撚りとは(カタヨリ)


片撚りとは、右か左撚か 片方だけに撚り(ひねり)をかけた糸の事です。

フィラメント糸の場合、無撚りか ほとんど撚りのかかってない単糸を 2~3本撚り合わせることを言います。その撚り合わせた糸を「片撚り糸」と言います。

Cf. 諸撚糸 駒撚糸 壁撚糸 飾撚糸

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

玉糸とは (タマイト double cocoon silk) 玉繭(タママユ)


玉糸とは 2匹の蚕が 一緒に1つの大きい繭を作る事があり、これを玉繭(タママユ)と言います。これから 製糸した生糸の事です。

2本の繊維が 互いに交錯して節(フシ)の多い不規則な(野趣な)糸になります(複雑に絡んでいるので 機械で糸引きできないそうです)。これを 緯糸にして織った織物が 絹のシャンタンです。

玉糸は大正から昭和の初めにかけて 大流行した銘仙(メイセン)等にも織られてます。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

ハリ感のある生地(はり感 張り感)


ハリ感のある生地とは(はり感 張り感)、グログラン オーガンジー メモリ織物 ファイユ(緯ハリのみ) タフタ等の布生地になります。程度はそれぞれ違いますが、紙のような感じで 布生地が立ちます。

但し、グログランとメモリ織物は 一般の生地屋さんでは あまり扱ってないと思います。(弊生地屋でも 取扱いはございません) 一番種類と量の多い布生地は タフタ(裏地などに使われる ど定番の汎用品)になります。

反対の意味が 「落ち感」で、ストンと落ちる生地になります。落ち感の言い生地は ドレープ性も良好で、ダンス等で回ると 綺麗に広がります。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

ポリプロビレン繊維とは (polypropylene)


ポリプロビレン繊維とは、プロピレン(石油精製の副生ガスに含まれる)を重合させた熱可塑性樹脂から作った繊維です。強度も強く 吸湿性もなく耐薬品性(酸 アルカリを含む)にも優れています。

染色性が悪く、耐光性も低いため ファッション衣料には 向いていません。ニードル・パンチなどでカーペットなどに使われる時には 樹脂の段階で顔料を入れた 原着繊維(染まった糸)が使われます。

ウィッキング性(毛細管現象により水分を運搬する能力)に 優れているので、汗を蒸発させる肌着や靴下 Tシャツなどに使われてます。(汗をかいても あまりベタつかない。ただ あまり店頭では、私は見かけた事が ありません)

生産量はビニロンよりも多いのですが、ほとんど産業用資材用途に使われてます。商標には パイレイン(三菱レイヨン(株) 東洋紡績(株)) ポリプロ(日東紡績(株) 大和紡績(株))があります。(現在は 生産を止めていたり 社名が変わっていたりすると思います。東洋紡績以外の会社は 商標と会社名を検索すると 1年以内(2013.09.24より)の記事が 出て来ました)

汎用樹脂の中では、最高の耐熱性で、比重(0.91)も最も小さく水に浮かぶ 数少ない繊維です。
(衣服などは 空気を含んでいるので 一見水に浮かぶように見えますが、ポリエステルナイロン自体は 水に浮かびません。汎用樹脂の中で 最高の耐熱性と言っても、コットン(綿)などに比べると はるかに熱に弱いです。また ポリプロピレンの繊維は、100%ポリプロビレンの樹脂と違って 耐熱性は弱いようです)

化学式は 下記になります。樹脂の性質等 詳しくは次をクリックしてください。 ポリプロピレン
(CHCH3CH2)n

原料樹脂(ポリマー)の価格は ポリエステルより少し安い(このブログを執筆時点(2013.09.24)で5%程度)のですが、紡糸設備等の投資コストが ポリエステル等は安いので あまり優位性はなくなってます。

ポリエステルやナイロンは 20年以上の開発の歴史があり、細さ、光沢、断面に改良が加えられ、抗菌、UVカット、吸湿、深染、芳香、ビタミンなどの機能が 付与されていて、圧倒的に優位になってます。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

青み付けとは 青味付け (アオミツケ blueing)


青み付けとは、白色の繊維製品を いっそう白く見せるために 黄味や赤味の補色である、青色で着色する事です。人間の目の錯覚を利用してます。昔の洗剤には 青色の染料がほんの微量入っていて、綺麗に白く洗いあがったように 見せているものもありました。

ただ 現在は蛍光染料(蛍光増感剤。目に少し痛いくらい 白く見せます)が 普及してますので、青み付けは しなくなっているようです。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。