ドレープ性とは?


衣類や掛け布などを、優美にまとわせ ゆったりとしたひだを入れる事が出来る性質です。自然に出来る布のたるみが美しいひだを描きます。ジョーゼットデシン クレープなど強撚糸織物がでやすいです。ドレープ性が良いとスカートやドレスが 回った時に美しく開きます。

ドレープ性の良い生地は 落ち感も良好です。反対の意味は 「ハリ感のある生地」になります。

当店の生地は 撚糸が入った織物が多く、下記の商品を中心に ドレープ性は良好なものが 大変多いです。

1) サテン MB8410 サテン クレープ(147cm巾)
2) デシン MB2000 シルデュー デシン1(140cm巾)

3) 中肉素材 MB6100 二重織ジョーゼット(140cm巾)
4) 中肉素材 MB6120 チリメン ジョーゼット(112cm巾)

5) 薄地 MS7400 50Dシフォン ジョーゼット(147cm巾)
6) 薄地 MS7100 75Dシフォン ジョーゼット(147cm巾)

7) 薄地 MS7104 75Dシフォン ジョーゼット(112cm巾)
8) 薄地 MS7110 100Dシフォン ジョーゼット(112cm巾)

 

下記プロモーション・ビデオの冒頭で MB8410:サテンクレープを振り回して ドレープとはどう
言うものかを見せています。(綺麗に広がる様子がおわかりになられるかと)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する