銘仙とは (メイセン)


銘仙とは(メイセン)、経糸(タテイト) 緯糸(ヨコイト)とも、精錬した玉糸の諸撚り糸(モロヨリイト) または片撚り糸、あるいは絹紡糸(ケンボウシ)を用いて、平織りに織った練絹織物(ネリキヌオリモノ)です。

柄は縞 絣(カスリ)、または、経糸捺染(タテイトナセン)による解し模様もあります。解し模様では 柄の境界がぼけるような 柔らかい見栄えとなり、大正から昭和の初期にかけて大流行し、全国に広まりました。
(締切絣(シメキリカスリ)、捺染絣(ナッセンカスリ)なども あるようです)

女性の普段着 お洒落着のような実用着物として、第二次世界大戦前まで 広く使われてましたが、最近は少なくなってきています。

伊勢崎銘仙足利銘仙秩父銘仙などが 有名です。下記の写真は足利銘仙さんのホームーページより 借用しています。

銘仙の布生地

銘仙の布生地

銘仙の文字は江戸末期から明治初めにかけて使われはじめましたが、それ以前は目専、目千、名撰、蠒繊と書いたそうです。《守貞漫稿》では蠒繊を〈メイセン〉〈メンセン〉と呼び 「塵埃(ジンアイ)つかず丈夫なので天保頃より用いる」 と書かれているそうです。

元々は 養蚕農家が出荷できない残り物の繭から 自家用に生産していたそうです。玉糸や絹紡糸を用いるのは その為ですね。 カジュアルで粗野な外観になります。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です