玉糸とは (タマイト double cocoon silk) 玉繭(タママユ)


玉糸とは 2匹の蚕が 一緒に1つの大きい繭を作る事があり、これを玉繭(タママユ)と言います。これから 製糸した生糸の事です。

2本の繊維が 互いに交錯して節(フシ)の多い不規則な(野趣な)糸になります(複雑に絡んでいるので 機械で糸引きできないそうです)。これを 緯糸にして織った織物が 絹のシャンタンです。

玉糸は大正から昭和の初めにかけて 大流行した銘仙(メイセン)等にも織られてます。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です