ジョーゼットとは?(georgette)


経(タテ)と緯(ヨコ)の糸に強撚糸(撚糸回数2,000T/m以上)を使用して粗く織った生地を 高熱をかけて練った織物です。多くは透けていてシャリ感があり春夏用の織物です。

ジョーゼットは薄い布生地でも中肉でも、シワになりにくく ドレープ性がいいので 綺麗なヒダになり、回ると綺麗に広がります。ですので ダンス衣装や優美なドレスなどにピッタリです。

(薄いジョーゼットは 縫いにくいです。でもコツをつかめば うまく縫えます。次のリンク先に 縫製のコツが書いてあります。 縫いにくい薄いジョーゼット縫製のコツ )

高級なジョーゼットは非常に柔らかく(絹と間違う程) 表面に微妙なシボが発現しています。これがジョーゼットの生命です。

シフォン・ジョーゼットの繊細なシボ

シフォン・ジョーゼットの繊細なシボ

シボの大きなものは縮緬(ちりめん)と呼ばれる生地ですが、それに対して高級なジョーゼット生地は 細かいシボが一様に立っています。このシボがジョーゼットのふくらみ感やドレープ感 ドライ感 手触りの良さの元になっています。

 

よく「シボなんかいらない、値段が安い方が良い」なんて言われると悲しくなります。例えば撚糸回数を落とす、正規のシボ立て工程をしないなど製造工程で手を抜けば シボのないプレーンなジョーゼットが安く出来上がります。

また コストを落とすために 極限まで糸密度を 荒くしたジョーゼットも見受けられます。このような生地は ちょっとしたことで伝線したり 糸が引っかかったりし易い(ミシンで縫うと ぐちゃぐちゃになり易い)です。

 

その点 弊店のジョーゼット群は 【 プロが長年使ってきた生地で 安心して 】使えます。

 

確かに洋服はデザインや柄 縫製の良し悪しの占める割合が高いかも知れませんが、素材である生地が安っぽければ決して良い洋服にはならないと思います。

日本を代表される世界的に超有名デザイナーのK女史は 頑固にシボ高のシフォン・ジョーゼットを使い続けておられます。

 

当店の代表的なジョーゼット織物には下記があります。(クリックで 参照できます)

薄地
繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

50Dシフォン・ジョーゼット(147cm巾)

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

75Dシフォン・ジョーゼット(147cm巾)

2色の濃淡が綺麗なシャンブレー・シフォンジョーゼット

2色の濃淡が綺麗なシャンブレー・シフォンジョーゼット

シャンブレー・シフォンジョーゼット(112cm巾)

色数の多い75Dシフォン・ジョーゼット(112cm巾)

色数の多い75Dシフォン・ジョーゼット(112cm巾)

75Dシフォンジョーゼット(112cm巾)

中肉
色がとってもビビットな中肉二重織ジョーゼット

色がとってもビビットな中肉二重織ジョーゼット

二重織ジョーゼット(140cm巾)

色が深くて綺麗な縮緬ジョーゼット

色が深くて綺麗な縮緬ジョーゼット

縮緬ジョーゼット(112cm巾)

中肉:150D梨地ジョーゼット: MS6000(147cm巾)

もっと他のジョーゼットも見る

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

ジョーゼットとは?(georgette)」への12件のフィードバック

  1. ピンバック: ドレープ性とは? | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 布生地の大分類 | 布生地Q&A

  3. ピンバック: シフォンとは? シフォン・ジョーゼットとは? シホン シホン・ジョーゼット | 布生地Q&A

  4. ピンバック: ワッシャー加工とは | 布生地Q&A

  5. ピンバック: シボとは? | 布生地Q&A

  6. ピンバック: シボとは? しぼとは | 布生地Q&A

  7. ピンバック: ファイユとは(faille 仏語) | 布生地Q&A

  8. たまき

    はじめまして。
    シルクジョーゼットについて調べていまして、お伺いしたいことがあるのですが
    よろしいでしょうか。。
    ある商品が、シルクジョーゼットであるという説明で売られていたのですが、
    ポリエステル製でした。販売店に聞くと、シルクのような風合いなので
    シルクジョーゼットだと言っていたのですが、その説明は
    正しいのでしょうか。ネットで調べたのですが、結局わかりませんでした。
    誤解を含んでしまう表現だと思うのですが・・・。
    お忙しいところこのような質問で申し訳ありませんが、もしよければ
    教えていただければありがたいです。

    返信
    1. kijiya 投稿作成者

      たまきさま

      こちらこそ 初めまして。結論から言いますと 販売店さんが間違っていると思います。「シルクライク」とか「シルキー」の表現にすべきですし、混率も「ポリエステル100%」と きちんと明記すべきです。

      シルク製と ポリエステル製では 全然値段が違うはずですから。カシミア100%とうたっていて 実際は80%(数字はうるおぼえですが)くらいしか入っていないものでさえ、違法表示で訴えられてます。

      (余談ですが、シルクのシフォン・ジョーゼットよりも、ポリエステル製のシフォン・ジョーゼットの方が 手触りがよい事が多いのも 事実です。下記の減量加工と言う手法が発明されてからは そうなりました。
      http://www.kijiya.me/?p=1210 )

      返信
  9. ピンバック: オパール・ジョーゼットとは (opal finished georgette) | 布生地Q&A

  10. ピンバック: ウーブン・ストライプ (woven stripe) ウォーブン・ストライプ セルフ・ストライプ(self stripe) | 布生地Q&A

  11. ピンバック: インドの民族衣装サリー。生地や素材はなに? | インド旅行。安全ツアー情報!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です