シャンブレーとは?(玉虫とは イリデッセントとは)


通常は経糸と緯糸の色を変えた織物。または 色の違う糸を細かく配列した織物(細かいので一見無地生地に見える)。見る角度を変える事によって 2色(3色以上使っている場合は その色の数だけ、あまり細かいとそのいくつかの複合色)の濃淡に見えます。玉虫とも言います。

シャンブレー○○の生地と言っても、白色や黒色など 他の色を混ぜると 白や黒でなくなる色や、特定の色を出すため わざと同色に染めて シャンブレーになってない色もあります。それでも その生地を シャンブレー○○と呼びます。
長繊維のシャンブレー織物は欠点が出易く織こなすのには非常に技術とノウハウが要ります。

イリデッセント(iridesent)とは シャンブレーの英訳です。

 

シャンブレー生地の例として 弊店では次のような生地があります。クリックで各布生地の詳細が見れます。

金属光沢のシャンブレー・サテン

金属光沢のシャンブレー・サテン

シャンブレー・サテン:MB8400

綺麗なシャンブレー・シワヘリンボン

綺麗なシャンブレー・シワヘリンボン

シャンブレー・シワ・ヘリンボン:MM1333

玉虫の綺麗なシャンブレー楊柳

玉虫の綺麗なシャンブレー楊柳

シャンブレー楊柳:MB9000

2色の濃淡が綺麗なシャンブレー・シフォンジョーゼット

2色の濃淡が綺麗なシャンブレー・シフォンジョーゼット

シャンブレー・シフォン・ジョーゼット:MB7506

シャンブレーオジヤ:MS9410

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

シャンブレーとは?(玉虫とは イリデッセントとは)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ポリエステルの二色染め カチオン可染 | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です