経編とは(タテアミ warp knitting)


経編とは、整経されて平行に並べられた多くの経糸(タテイト)によって、タテ方向に編目を作っていく編み方で、ニットの一種です。

八田経編株式会社さんの 下記リンク先の説明が分かり易いです。
経編(タテアミ)とは?  )

生産性が高く、織物と緯編(ヨコアミ)の中間のような、カッチリした編地ができます。緯編と比べ一般に薄い生地が多いです。毛羽(ケバ)のある紡績糸(短繊維)は編みにくいため、フィラメント(長繊維)糸使いが大半を占めます。

経編には 下記の3種類があります。衣料用としては トリコットが最も多く、ランジェリーやシャツなどに使われます。

  1. トリコット
  2. ラッセル
  3. ミラニーズ

緯編(ヨコアミ)と違って ほとんど伸びない布生地も作成可能です。

この記事は 生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

経編とは(タテアミ warp knitting)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: ニットとは(knit) 編物とは(アミモノ) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: ジャージーとは(jersey)  ニットファブリックとは(knit fabric) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: 整経とは(セイケイ) 荒巻整経(アラマキセイケイ) 部分整経(ブブンセイケイ) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: 布生地の大分類 | 布生地Q&A

  5. ピンバック: オサとは(筬 reed) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です