コーマ糸とは (combed yarn)


コーマ糸とは、短繊維カード糸に対する言葉で、カード工程(長さの短かい繊維の除去と 繊維を平行に引き揃える工程)の後で、さらにより短かい繊維の除去と繊維の平行度をより良くする為に コーマ(comb 櫛の意味)と言う機械を通して紡績したコットン(綿)の細番手高級糸の事です。

こうする事で 締まった糸になり(かすかな光沢も出ます)、中の繊維の平行度が増して糸の切断強度も上がります。30、40番手の糸には カード糸とコーマ糸の両方がありますが、それ以上の細番手はコーマ糸のみになります。カード糸では 短い繊維があったり 平行度が低いので 細い糸を作ると強度が出ないためです。(糸は一番弱い部分で切れます)

下記のように 外観が異なります。(写真は apparel fashion wiki より拝借しています。写真掲載ページ

コーマ糸の外観

コーマ糸の外観

カード糸の外観

カード糸の外観

中を構成する繊維長も 下記のグラフのようになります(綿花をほどいた繊維を縦にして 長さ順に横に並べています。縦軸が1本1本の繊維の長さです)。クラフは オリジナルTシャツのPMワークスと言う店の用語解説ページから 拝借しています)

ステープル・ダイヤグラム

超長綿と言うのは この1本1本の繊維長の平均の長い綿花を 糸にした物です。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

4 thoughts on “コーマ糸とは (combed yarn)

  1. ピンバック: ローンとは (lawn) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: カード糸とは (carded yarn) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: ミシン糸の番手とは カタン番手 | 布生地Q&A

  4. ピンバック: ミシン糸の番手とは カタン番手 | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください