双糸とは(ソウシ)


双糸とは、2本の糸を撚り合わせた糸で 太さは倍くらいになり、1本の糸(単糸)よりも 太さが均一な糸になります。3本以上 4本とか合わせる場合もあります。
(単糸には太さムラがありますが、2本合わさると 1本よりは打ち消しあって やや均一になります。統計学的に 合わせる本数が多いほど均一になります)

双糸は撚り合わせるので 糸にコシもでます。ですから 表面の平滑な短繊維 織物のシャツ地等には 双糸が使われている事が多いです。

強さも 2本だから2倍のはずなのですが、2.5~3倍になります。糸は一番弱い部分から切れるのですが、その部分がもう片方の糸で補強されるので 2倍以上になるのです。

20番手単糸の双糸は 「20/2」(太さはおおよそ10番手)のように記述される事もあります。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

双糸とは(ソウシ)」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: デニムとは(denim) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: モスリン(muslin) 毛斯綸 モス メリンス 唐縮緬(トウチリメン) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: バーバリーとは (Burberry) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: カルゼとは(kersey) | 布生地Q&A

  5. ピンバック: ブロードとは(broad) ブロードクロスとは(broadcloth) | 布生地Q&A

  6. ピンバック: ベネシャンとは (venetian) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です