羽二重(ハブタエ) habutae silk


織物を織るときに使用する 筬(オサ)の羽に経糸を2本通して折ることから 「羽二重」と呼ばれます。日本を代表する絹織物であり『のよさは羽二重に始まり羽二重に終わる』といわれてました。

元は絹織物で作られていて 戦前は、密度の込んだ重めの羽二重は 着物用布生地(着尺)として主に内地用に、軽め(8匁(モンメ)等)の羽二重は  スカーフやブラウス用として 海外へ大量に輸出されてました。ですが 現在国内では ほとんど見かける事がありませんし、輸出もほとんどされてません。

英語でも”habutae silk”と ローマ字で書かれるほど 有名だったのですね。でも 辞書には載ってませんでした。ポリエステルでも 代用品として「羽二重」と言う商品名で作られてます。

平織がメインですが、ドビーで織る羽二重(アヤハブタエ)や朱子羽二重(シュスハブタエ)、ジャガードで織る紋羽二重(モンハブタエ)なども あったそうです。

余談ですが、福井県の銘菓「羽二重餅」は この絹羽二重のような繊細で柔らかいタッチを 表現してます。

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

羽二重(ハブタエ) habutae silk」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: パレス・クレープとは パレスとは (palace crape) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: オサとは(筬 reed) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: お召とは(オメシ 御召) 御召縮緬とは(オメシチリメン) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です