人絹(ジンケン)


人絹とは、人造絹糸(ジンゾウケンシ)の略で ビスコース・レーヨン長繊維の事です。絹糸に似た外観の繊維を人造的に作ったものの総称ですが、レーヨンの長繊維以外を 人絹と呼ぶことはないようです。

レーヨンは再生繊維の1つで 通常ビスコース法で作られてます(ビスコース・レーヨン)。現在はレーヨンの長繊維も短繊維も レーヨンと呼ばれ「人絹」と言う名称は 使われてません。レーヨンは綺麗な色に染まりますが、水に弱く 水洗いすると縮みます。

福井県は昔は、レーヨン織物の生産が盛んで 「人絹王国」とも呼ばれてました。もう 取り壊されてしまいましたが、その頃珍しかった洋風コンクリート建物の「人絹会館」と言う 立派な建物もあり、会合や祝典や結婚式等に よく利用されてました。

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

人絹(ジンケン)」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: レーヨンとは(rayon) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: グログランとは (grosgrain 仏語) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: チンツ加工とは(chintz finish) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: レーヨンとは(rayon) ビスコース・レーヨンとは(viscose rayon) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です