セリシンとは(sericin) フィブロインとは(fibroin)


絹(シルク)糸は 中心部のフィブロイン(約70~80%)と 外側のにかわ(膠)質のセリシン(約20~30%)から成り立ってます。

表面のセリシンを 溶かすことを精錬(練り)といい、これで絹鳴りのする 上品な光沢の絹織物になります。通常の絹織物は ほとんどフィブロインの成分のみで作られてます。精錬しないで 作った織物の例に オーガンジー(セリシンは 一部は取れている)があります。

精錬工程に携わっていた 作業員の手が綺麗になったことから、セリシンを用いた化粧品も セーレンなどから 販売されるようになりました。

セリシンフィブロインの 物質的な説明の詳細は 下記を参照してください。
セリシンとは?  フィブロインとは

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

セリシンとは(sericin) フィブロインとは(fibroin)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 精錬とは? (セイレン) 練りとは | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 生糸とは? (キイト ナマイト) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: 減量加工 (ゲンリョウカコウ) アルカリ減量加工 | 布生地Q&A

  4. ピンバック: 紬とは(ツムギ) | 布生地Q&A

  5. ピンバック: お召とは(オメシ 御召) 御召縮緬とは(オメシチリメン) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です