生絹織物とは(キギヌオリモノ) 後練織物(アトネリオリモノ)


生絹織物とは、生糸(キイト)で織り上げた後で 精錬練るとも言います)する織物の事です。先練織物の反対語です。精錬する前の生機(キバタ)は ゴワゴワで硬くて絹鳴りもしません。

生絹(キギヌ)とは 精錬しな絹糸の事で、生糸(キイト)と同じ意味です。

シルク(絹)のオーガンジーのように 後にも先にも精錬しない織物もあります。

この記事は 生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

生絹織物とは(キギヌオリモノ) 後練織物(アトネリオリモノ)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 先練織物とは(サキネリオリモノ degummed silk fabric) 練絹織物(ネリギヌオリモノ) 練織物(ネリオリモノ) 後練織物(アトネリオリモノ) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 生糸とは(キイト ナマイト) 生絹(キギヌ) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です