抜染とは(バッセン) 白色抜染(ハクショク) 着色抜染(チャクショク)


抜染とは P下(プリント下生地)に 専用の糊をつけて 無地染めした後(糊がついた部分は染まらない)、その糊を溶かしてしまう染め方法です。

この糊に何も入れないのが 白色抜染(白の水玉模様などは この方法です)、糊に色を配合してつけるのが着色抜染と言います。着色抜染では 糊が溶けるときに同時にその部分が染まります。

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

抜染とは(バッセン) 白色抜染(ハクショク) 着色抜染(チャクショク)」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: オパール加工とは? おぱうるかこう | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 捺染とは(ナッセン ナセン printing) プリント | 布生地Q&A

  3. ピンバック: 防染とは(ボウセン) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: 捺染とは(ナッセン ナセン printing) プリント | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です