エンボス加工とは(embossing finish)


エンボス加工とは、熱可塑性(熱すると柔らかくなる性質)の織物などの布生地に 型のついたローラー等で熱をかけて 凹凸の押型模様をつける加工です。

ローラーの大きさの制約上 小さい柄や経トライプの模様が多いです。

楊柳などで 経シワの形状を一様にするために(通常は両耳端近くの 経シワが強くなり、真ん中は平坦になりやすい)、リラックスと言う楊柳シボを立てる工程の前に行う事もあります。

(エンボスで シワの型押をつけておくと 一様になりやすい。染工場によって 型が違う事が多く、同じ生機を加工しても 楊柳の形状は同じにならない事もあります)

エンボスをしない楊柳シボは やや不均一で自然な感じで仕上がります(ナチュラル楊柳。ただし 経糸に比べて緯糸の撚糸力を十分に強く織物設計しないと 不均一になりやすい)。

下記はその布生地の一例です。写真クリックで この布生地の詳細をご覧になれます。

玉虫の綺麗なシャンブレー楊柳

玉虫の綺麗なシャンブレー楊柳

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です