フロッキー加工とは? 電着加工 電気植毛 フロック加工


フロッキー加工とは、ベルベット(ビロード)のような 外観の布生地にする加工です(4つとも同じ意味)。表面に細かく短い毛が立ってます。

繊維の毛羽(ケバ フロックとも言います)を 布生地の表面に 接着剤でつける加工の事です。

布生地の表面に接着剤を塗って 0.5~2ミリ程度の帯電しやすい繊維(主に合成繊維等)を 静電気で吸引させて くっつけます。静電気を利用するので 電着加工とか電気植毛などとも言います。

ベルベット(ビロード)の代用として 用いられます。プリント模様にくっつけたものは フロック・プリントとも言います。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

フロッキー加工とは? 電着加工 電気植毛 フロック加工」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: オパール加工とは? おぱうるかこう | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です