絹紡糸とは? (ケンボウシ けんぼうし)


かいこの繭のくずや 生糸(キイト)のくずを紡績(引き揃えて撚りをかけ 糸にする事)した糸です。精錬(練り 生糸表面のセリシンを取る工程)方によって半練り、七分練り、本練りの3種類がある。現在ではほとんど作られなくなり、生糸よりも高価になります。

セリシンなどが とれているので、セリシンをとる練りの工程が簡単になります。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

1 thought on “絹紡糸とは? (ケンボウシ けんぼうし)

  1. ピンバック: 紡績とは (ボウセキ spinning) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください