ジュートとは(jute) 黄麻とは(コウマ)


ジュートとは、黄麻(コウマ)とも言い シナノキ科に属する植物の靭皮部分(ジンピブブン 外皮のすぐ内側にある柔らかな部分)からとった繊維で、の一種です。

耐水性には乏しいのですが、強度や光沢があり 紡績もしやすいので大量生産できます。用途は梱包袋 リノリューム(建材の一種で床材などに使われる)の基布 カーペット ベルト バックなどです。

衣料用には ほとんど使われません。主産地はインドやバングラディシュ等です。

ジュート生産の過程で出る廃棄物の処理が環境にかけるコストは少なく、またジュート製品自体の生物分解性が高いことから、近年は環境への負荷が少ない素材としても注目されています。新しいうちは かなりニオイがしますが、使用するにしたがって 徐々に薄れていきます。

下記のお店のように フェアトレードとして ジュートバック等が、バングラディシュやネパール等から輸入されいて 現地の学校が作られる一助になったりしてます。
Ajee(アジー)

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

ジュートとは(jute) 黄麻とは(コウマ)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 大麻とは(タイマ) ヘンプとは(hemp) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 麻とは(アサ) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です