デニールとは(D)


デニールとは 化合繊やシルク(絹)の糸の太さの単位で、9,000m当りのグラム数。”D”(Denier)で通常あらわします。

”75D(デニール)”の糸は9,000m当り75gある糸と言う意味です。太さと言うと直径が思いうかびますが、細い糸を 厳密に計測する事は通常困難(また 長い長さ方向に多少ばらつきます)なので このような方法がとられてきました。

(最近ではこの呼び方を止めて、デシテックスと言う言い方に変わろうとしています)

例えば 下記の例のように(クリックで その布生地の商品ページへ飛んだり(詳細が見れます)、拡大写真が見れます)

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

繊細で丈夫な50Dシフォン・ジョーゼット

50Dシフォン・ジョーゼットの透け感

50Dシフォン・ジョーゼットの透け感

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

巾の広い75Dシフォン・ジョーゼット

75Dシフォン・ジョーゼットの透け感

75Dシフォン・ジョーゼットの透け感

50D(デニール)の方が 糸が細いので、薄く透けやすいです。 (50Dと75Dくらいの 差では 僅かの差しかありませんが)

綿やウールの糸の太さの「番手」と違って 大きいほど太い糸になります。番手は大きいほど 細くなります。
(番手は一定重量あたりの長さであらわしてます。ややこしい事に、綿 ウール 麻で全部一定重量が異なってます。すから 綿とウールで同じ40番手でも 太さは異なります)

余談ですが 公称75デニールでも、実際の糸の太さは 72~73デニール程度です。それでも 糸の取引は重量でしますので、別に不正なわけでは ありません。75D(デニール)で 計算した長さよりも 実際の糸の長さは 多少長くなるので 使う方も不都合はないわけです。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

デニールとは(D)」への8件のフィードバック

  1. ピンバック: デシテックスとは?(T) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: ポンジーとは? ポンジとは (Pongee) | 布生地Q&A

  3. ピンバック: タフタとは? (taffeta) | 布生地Q&A

  4. ピンバック: 番手とは(バンテ) 太番手(フトバンテ) 細番手(ホソバンテ) | 布生地Q&A

  5. ピンバック: 撚糸とは(ネンシ) ボイル撚 クレープ撚 トラム撚 甘撚 中撚 強撚 合撚(ゴウネン) | 布生地Q&A

  6. ピンバック: トラム撚りとは(ヨリ tram twist) | 布生地Q&A

  7. ピンバック: スエードクロスとは(suede cloth) | 布生地Q&A

  8. ピンバック: 「シフォンジョーゼットの50Dと75Dの違いってどんなことでしょうか?」 | 生地屋のおやじの独り言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です