架橋反応とは (crosslinking reaction, cross-linking reaction)


架橋反応とは、分子鎖(分子が鎖状に 長くつながったもの)の間に 橋を架けるように 他種類の分子がつながる反応です。つながる事によって 高分子(ポリマー)では 一般に粘性が増し、ゲル化したり(分子鎖間の隙間が多く 水分子が入り易い場合) 固くなったりします。また 溶剤等にも 溶けにくくなります。

(湯がいた「うどん」が うどん同士が一部くっついて、湯がく前の「うどん」に なるようなイメージですね)

柔らかく弾力性の小さい「イソプレン」ポリマーが 硫黄による架橋でタイヤなどに成型できるようになり、さらに架橋を進めることで固い「エボナイト」となります。

ワイシャツなどの形態安定加工(アイロンのいらない)などは、縫製後に この反応を利用して形態を安定させ シワもよりにくくしてます。

2液を混ぜ合わせて硬化させる エポキシ樹脂も、この反応で固くなります。

この記事は 布通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

架橋反応とは (crosslinking reaction, cross-linking reaction)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 熱可塑性とは (ネツカソセイ thermoplasticity) 熱硬化性とは (ネツコウカセイ thermosetting) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: 形態安定の衣料品 SSP加工 VP加工 | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です