ジャージーとは(jersey)  ニットファブリックとは(knit fabric)


ジャージーとは、反物状に編まれたニット生地の総称です。反対の意味に成形編があります。
(ジャージーは 織物などと同じように 裁断・縫製します。成形編は 編みあがるともうほとんど製品か それに近いものができあがります)

ニットファブリックとは 広義の意味のジャージーと言われてますが、私には ジャージー以外のニットファブリックを見つけることができませんでした。ほとんど 同じ意味なのでは ないでしょうか?
(どなたか わかる人がいらっしゃったら コメントを残してくださいませ)

ジャージーの語源は、英国のジャージー島で 漁師が作業着として着ていたことから きています。学校の体操服は ほぼこのジャージーの縫製品で 私の地方では体操服の事を「ジャージー」と呼んでました。

丸編(マルアミ 緯編の一種)がほとんどで、一部緯編(ヨコアミ 緯糸だけで編む)や経編(タテアミ 経糸だけで編む)の流し編によるものが あります。

編機の針が一列のものは シングル・ニードル(一列針)と呼ばれ、シングル・ジャージーと言われます。天竺編が主です。

二列のものは ダブル・ニードル(二列針)と呼ばれ ダブル・ジャージーと言われます。リブ編機(ミラノ・リブ ダブル・ピケ等)や両面編機(エイトロック ポンチ・ローマ シングル・ピケ等)があります。

この記事は 生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

ジャージーとは(jersey)  ニットファブリックとは(knit fabric)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ニットとは(knit) 編物とは(アミモノ) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です