シルケット加工 (mercerization) マーセライズ加工 (mercerize finish) マーセリゼーション(mercerization)


シルケット加工とは(マーセライズ加工 マーセリゼーションとも言います) シルキー加工の一種で、綿糸または綿布に絹(シルク)のような光沢を持たせる加工方法です。

張力をかけながら 苛性ソーダ等でアルカリ処理をすると、綿糸や綿布に絹のような光沢を与えられます。同時に染色性も向上して 綺麗な色に染められるようになります。

(アルカリ濃厚液中で 綿の繊維が膨潤して円形に近くなり光沢が増します。張力がかかっているので 形状の安定が保たれ、綿の非晶領域が増加するので 染色性が向上します)

現在 綿や合繊綿混紡製品の織物の多くは、精錬 漂白後にシルケット加工が行われています。

糸に処理をしてから織り上げると ソフトな手触りの高級な織物になります。これを「先シルケット」と言います。

フォーマル・ウエアなどで 光沢とビビットな色目が要求される時に 広く用いられます。逆にTシャツのように マットで自然な風合いが求められるカジュアル・ウエアなどの時は あまり用いられません。(一部ミセス シニア向けには 用いられる事もあります)

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

シルケット加工 (mercerization) マーセライズ加工 (mercerize finish) マーセリゼーション(mercerization)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: シルキー加工 (silky finish) | 布生地Q&A

  2. ピンバック: セルロースとは(cellulose) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です