シュライナー加工 (Schreiner finish)


シュライナー加工とは、コットン(綿)の布に約45度の角度で刻んだローラーを 高温高圧で当てて 絹のような光沢を与える加工方法です。シルキー加工の一つです。

ドイツのシュライナーの発明で、「擬絹つや出し加工」とも 言われます。

この記事は サテン生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

シュライナー加工 (Schreiner finish)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: シルキー加工 (silky finish) | 布生地Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です