ボイルとは?(voile)


ボイルとは、薄地の目の粗い織物の総称です。シフォン・ジョーゼットよりは太い糸を用いて、ボイル撚りをかけて作ります。ですので、シフォン・ジョーゼットよりは厚く、ほとんど 平織りです。

通気性がいいのと ドライな手触り(乾いた手触り)で 春夏の洋服布生地に 用いられます。

元々は 2本の糸を合撚で ボイル撚りをかけたものを 呼んでいたようですが、コスト削減のために 太い1本の糸にボイル撚りをかけて 作ったものもそう呼ぶようになりました。
(2本で作ったものを「本ボイル」 1本で作ったものを「単糸ボイル」と 呼び分ける場合もあるようです)

布生地の世界では ちょっと見 似ていれば、その布生地の名前をつける事がよくあります。また 一般の生地屋さんでも正しく区別してない事も 多いのでご注意くださいませ。

この記事は 布生地通販の生地屋店長の三浦宗之が書いています。

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です